【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

喉のポリープ切除手術入院記 2日目

2日目です。


7時に起床。
7時以降は断飲ということだったので
慌てて最後のお茶を飲みます。


9時から水分が取れないので
点滴で水分補給。

手術は13時〜だったのですが
それまではゆっくりした時間が流れていました。
錦織圭君の全豪オープンの中継を見たりしていました。



12時半くらいに手術着に着替えて
歩いて手術室に移動。


13時〜オペがスタートしたはずなのですが
喉のポリープ切除手術は全身麻酔なので
全く覚えていません。

口に透明な麻酔を吸う装置をあてて
1分以内で眠ってしまいました。

先生に
「まだ意識ありますか」と聞かれて
「はい」と答えてから記憶がないので
その後すぐに眠ってしまったと
思われます。

術後はどうやって起こされたか分かりませんでしたが
「無事に終わりましたよ」
と言われてホッとしたのを覚えています。

手術中に歯が欠けてしまう可能性があると言われていたので
病室に戻りながら歯が欠けてないかを確認していました。


病室に戻ってからは
点滴で止血剤やら抗生剤やら栄養分やらを補給。

少し熱も出ました。

ただ痛みはほとんどなし!!

「麻酔が切れたら痛みが出るかも」
と事前に先生に言われていたので
構えていたのですが大丈夫でした。

素直な喉??
だったらしくあまり痛みが出なかったようです!
本当先生に感謝ですね!!


夕方には歩行許可が出ました!

水分、そしてプリンやヨーグルトなら食べて良いと言われたので
歩いて売店まで買いに行きました。

サッカー日本代表の試合を観る余裕もあり
夜には
「今日本当に手術したんだっけ?」
って感じでした。


でもそれは
無事に手術を進めて下さった先生方のおかげであり
看護婦さん、麻酔科の先生をはじめ
たくさんの方のおかげで
手術を乗り越える事が出来ました。
本当にありがとうございました!!


ただ
今日から当分の間は喉の安静のために
発声禁止!!
になるのだけが残念ですが
喉の治療のためには仕方ないですよね。

喉は切除した後
縫ったり出来ないので
喋らないことが一番の治療なのだそうです。

今日は手術も終わったこともあり
ホッとした気持ちで布団に入ることが出来ました。


次は3日目。