【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

カンボジアにお店を出すという事。カンボジアにあるサロン『CamiYui』

お疲れ様です!川端です!

 

 いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございます( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

昨日はCLIQUEも参加している

カンボジアにある『CamiYui』の報告会でした。

 

f:id:masashi1117:20170417200644j:image

 

『カンボジアにもCLIQUEが参加しているサロンがあるんです』

というと大抵のお客様に驚かれるのですが

2年前にオープンしたCamiYuiは

カンボジアの首都プノンペンにて

現在日本人1名カンボジア人4名で営業しており

すでに一定の評価を得ているとのこと。

 

なぜカンボジアなのか?

日本は今後少子高齢化の流れはさらに大きくなり、人口は減少。

美容に関わらず、多くのマーケットは縮小していきます。

さらに若者たちの安定志向の波に乗り遅れた感のある美容業界は

人材不足もさらに進んでいくと思いますし、

美容室増加による顧客の争奪戦、

オーナーにならない現役スタイリストの増加による若者の伸び悩み、

さらには低価格サロン増加による価格破壊

と、ネガティブなことを考え始めるときりがありません。

 

しかしカンボジアには無限の可能性があります。

平均年齢25歳!

人口が増えているカンボジアではこれからどんどんと雇用が生まれ、マーケットが広がり、経済が発展していくと思われます。

カンボジアの人口分布図は日本の高度経済成長期のそれと似ていて

これからアジアの国々が爆発的な勢いで成長していくことは間違いないと言われています。

親日であり

ダブルワークは当たり前と真面目に働き

将来の事よりも今を生きるカンボジアとカンボジアの人々の暮らす未来には

大きなチャンスが溢れている。

 

というのが一般的な見解です。

 

f:id:masashi1117:20170417202609j:image

ただ実際のところは

問題がたくさんあって一筋縄ではいかないという事。

 

店長のAikoさんの話で一番心に残ったのは

「カンボジアに来れば成功出来るというのは幻です。」

という一言。

 

カンボジアという異国の地で

現地のスタッフを雇い

2年間必死に頑張ってきたAikoさんにしか分からないカンボジアの現実が

きっとプノンペンにはあるんだと思います。

 

 

それでも

カンボジアを始め、アジアの未来に可能性があるのも事実。

 

僕もいつか何らかの形でCamiYuiの成長と

カンボジアの発展に関わって行けたらと思います。

 

学び多き時間をありがとうございました(^^)

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

Have a nice day!