【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

色どり豊かな人生。

お疲れ様です。広島市安佐南区のカープ大好きメガネ美容師こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございます。

 

麻央さん死去一問一答 海老蔵「私が先に逝って、彼女にはもっと幸せに…」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

 

本当に本当に悲しすぎて、すぐにブログに記す気になれませんでした。

 

僕の中で小林麻央さんの記憶の中で一番強く残っているのが、市川海老蔵さんとの婚約会見での一幕。

 --浮気の心配はないということでよろしいでしょうか?
 海老蔵 (うんうんとうなずく)
 --麻央さん自身がそれは家でにらみを利かすということでしょうか?
 麻央 信じております。みなさまにもにらみを利かせていただいて(笑い)。よろしくお願いします。
 --海老蔵さんは非常におもてになりますが、麻央さんは浮気の心配はやはり「ZERO」ですか。
 麻央 (出演しているニュース番組のテーマ曲ふうに)「ゼーロー」です(笑い)。

 

このくだりを聞いて、一気にその麻央さんの人柄に惹かれたのを覚えています。

 

幼いお子さんがいらっしゃり、同い年である麻央さんが病気であるということを知ったのが昨年の6月。

 

それから1年。

一昨日の夜に帰らぬ人となりました。

 

本当に本当に本当に悲しいです。

 

  

 

でも麻央さんの人生は悲しいものではなかった!ということがこの記事に書かれています。

 

がんと闘病の小林麻央さん、BBCに寄稿 「色どり豊かな人生」 - BBCニュース

 

人の死は、病気であるかにかかわらず、
いつ訪れるか分かりません。
例えば、私が今死んだら、
人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??
私は、そんなふうには思われたくありません。
なぜなら、病気になったことが
私の人生を代表する出来事ではないからです。
私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、

愛する人に出会い、
2人の宝物を授かり、家族に愛され、
愛した、色どり豊かな人生だからです。
だから、
与えられた時間を、病気の色だけに
支配されることは、やめました。
なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。
だって、人生は一度きりだから。

 

ただただ麻央さんの強さに胸がいっぱいになります。

 

昨日のニュースZEROの中で、麻央さんと一緒にニュースを伝えていた村尾キャスターが

「人は、何年を生きるか、自分では決められません。しかし、いかに生きるか、これは決められます」

「麻央さんは、自分の命を家族のため、そして多くの人たちのために使い切りました。麻央さん、よくがんばりました」

 

と言っていました。

その通りだと思います。

 

小林麻央さんのご冥福をお祈りします。

 

 

僕も自分の人生を精一杯生きていきたいと思います。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。