【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

地方にいてもやる人はやるし、東京にいてもやらない人はやらない。

.

お疲れ様です!

広島市安佐南区東原の《CLIQUE》というサロンで働く『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございます( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

東京のサロンで働くことと、地方のサロンで働くことについて。

 

.

f:id:masashi1117:20170717212448j:image

広島→東京→広島

僕は広島で生まれ育ち、高校卒業後に上京。都内の美容学校に通った後、

  1. 東京都大田区にあるチェーン店でアシスタントを10ヶ月。
  2. ロンドンのヴィダルサスーンスクールに8ヶ月通う。
  3. 東京都港区南青山の有名店にてアシスタント6年、スタイリスト1年。
  4. 渋谷の業務委託サロンにてスタイリストを1年3ヶ月。
  5. 広島に戻り、CLIQUEにてディレクターとして勤務。現在2年10ヶ月目。

という、飽き性な性格が色濃く出た経歴を過ごしながら今に至ります。

そんな僕だからこそ感じる『東京と地方のサロンの違いについて』ブログにまとめてみようと思います。

 

東京の良いところ。

やはり、【意識の高い人(美容師)が集まっている!】というのが一番良いところだと思います。

特に有名店で技術や考え方について厳しく指導して頂いたこと。最高の技術やマインドに間近で触れさせて頂いたこと。お客様の満足のために一切妥協しない姿勢や、美容師という仕事を一生の仕事にするということはどういうことか?ということを教えて頂いたことは、今の自分を形づくる上でなくてはならない経験でした。

 

お客様の絶対数が多いこと、サロンが多く働く場所の選択肢が多いこと、かわいいサロンモデルさんが多いこと、全国的な美容イベントにすぐに参加出来ること、

などは、広島に戻ってきて違いを感じた部分だったかなとは思います。

 

地方(広島)の良いところ。

【仕事が早く始まり早く終わる!】が一番良いところだと思います。(都内のサロンさんでもそういうサロンさんもあると思いますが、僕の経験上での話で書かせてもらいますね。)

東京にいた頃は、早朝から撮影のために始発に近い電車に乗り、撮影→営業→レッスンをこなし、帰宅は終電。×3日連続とか、1ヶ月半休み無しとかが当たり前のようにありました。

もちろん自分から望んで飛び込んだ環境でしたし、たくさんのことを勉強させて頂いたことは本当に感謝でしかありません。

 

ただ、広島に戻ってきて、週休2日、9時〜19時までの営業、営業時間内レッスンの充実、早く帰ろうDay、など会社の内部環境が充実していることもあり、プライベートな時間をかなり取れるようになりました。

結婚をし、3歳の息子がいる父親としては、これは本当にありがたいことです。

 

広島にいてもたくさんセミナーもあるので勉強する意欲があれば、全然勉強出来ます。

 

場所は正直関係ないのでは?

ネットもなかった10数年前。18歳だった僕は、東京に行くしか上手くなる方法はないと信じて疑いませんでした。

ただ時代は変わり、今ではどこにいてもスマホ1つでいくらでも勉強出来ますし、実際地方でも結果を残し全国的にも有名な美容師さんもたくさんいらっしゃいます。

東京でしか出来ないこと、地方では出来ないこと、というのは今の時代はほとんどないのでは?と感じています。

 

僕が働いてきて思ったことは、地方にいてもやる人はやるし、東京にいてもやらない人はやらない!ということ。

きっと東京で結果を残している美容師さんは地方のサロンでも結果を出すでしょうし、地方で結果を出している美容師さんも東京ではダメということはないんじゃないかな?と思います。

 

働き方の多様化。

美容師としての働き方の選択肢も増えてきました。

フリーランスで働く美容師さんも増え、美容師としての働き方も多様化してきました。 

働く場所に加えて、働き方も選択していかない時代に突入しています。

 

どこで働くにしても結局のところ、必死に働かないと未来はない。

本当にそう思います。東京、地方、独立、雇われ、正社員、フリーランス、業務委託。

働く場所や働き方は色々ありますが、結局のところ

必死に考え、自ら動いていかないと未来はない!

と思います。どんな働き方であれ、なんとなく働くだけで生涯安泰ということは決してないと思いますし、ただ毎日を過ごしているだけではいつか必ず立ち行かなくなってしまうと思います。

 

まずはしっかりと塾考し、道を決めたならまずは必死に頑張ってみる!

 

自分も粛々と頑張っていきたいと思います。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】