【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

【カープ2017】ポストシーズンに向けてのストッパー問題。

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

現実逃避でこんな記事から。笑

 

マエケン10勝目!2年連続2桁勝利!

 ◇ナ・リーグ ドジャース3―2ブレーブス(2017年8月1日 アトランタ)

 ドジャースの前田健太投手(29)が1日(日本時間2日)、ブレーブス戦で7回を2安打無失点に抑え、10勝目(4敗)をマークした。メジャー移籍1年目から2年連続の2桁勝利は、日本投手5人目。レンジャーズからダルビッシュ有投手(30)がトレード移籍し、先発争いがさらに激化。ローテーション生き残りへ強烈なアピールとなった。

 正捕手のグランダルは「今季受けた中で最高の球だった」と絶賛した。7回1死、5番のフラワーズを空振り三振に斬った内角低めのシンカー(ツーシーム)だ。前田は93マイル(約150キロ)を内角低めに沈ませ、6個目のKマークを並べた。

 「全球種を投げ分けられた。(2桁は)凄く自信になる」

 今季の日本投手で最速の10勝目。直球や他の球種もさえ、テンポよくストライクゾーンを攻めた。4回まで無安打で二塁すら踏ませなかった。今季初めて防御率3点台(3・79)まで向上。4月が6・58という滑り出しから改善し「長かったですね。ようやく見られる数字になってきた」と白い歯を見せた。

 同じ大阪出身で2学年上のダルビッシュは中学のボーイズリーグ時代から知っている特別な存在だ。10年の交流戦ではダルビッシュが打席の前田に「僕の球を楽しみにしているだろうから」と多彩な変化球を披露。前日のトレード決定後は前田に「よろしく」と連絡がきた。「凄く尊敬している投手の一人。たくさん話を聞けたら」と前田。認め合う2人が共闘する。

 一方、ダルビッシュの加入で、充実した先発陣の競争がさらに激しくなった。4、5番手を争う柳賢振(リュヒョンジン)やマッカーシーと比べ、前田が不利なのは契約上、いつでもマイナーに降格させるのが可能なこと。昨季は前半戦、後半戦ともに8勝を挙げたが、防御率はそれぞれ2・95、4・25。ポストシーズンも6・75と不振だった。

 「自分の内容、結果を出すしかない。去年の最後よりも、自分の投球に手応えがある」

 29年ぶりの世界一を目指すド軍のローテーションに生き残るため進化を重ねる。 

マエケン10勝!ダル加入刺激 今季日本人投手一番乗り (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

いやー、これは嬉しいですね!前半戦は微妙な登板が多かったマエケンも、後半戦は全開です!

日本では、無双までではないものの、長くカープのエースとして君臨したマエケンをもってしてもなかなか勝てないメジャーのレベル。

このままの勢いで、カーショーとダルとワールドチャンピオン目指してください(^^)

 

 

f:id:masashi1117:20170803160435j:image

松山の1撃で一瞬喜んだものの、、、

 「広島3-4阪神」(2日、マツダスタジアム)

 広島は、まさかの逆転負けで球団史上最速の優勝マジック点灯は持ち越しとなり、阪神の自力優勝の可能性も残してしまったが、嘆くことも慌てる必要もない。同点の八回に松山竜平外野手(31)が一時勝ち越しとなる7号ソロ。粘り強さは健在だ。この戦いを続けていけば、自然と連覇は見えてくる。

 

 きれいな放物線が広島の夜空に高々と舞い上がった。ピースナイターの夜、スタジアムが揺れた。「どうかなと思って走っていましたけど、入ってくれました」。松山は二塁ベース手前で、ようやく速度を緩めた。一時勝ち越しの7号ソロ。グッと右拳を握った。

 緊迫の展開を一振りで動かした。2-2の八回先頭。それまで3打席無安打に終わっていた男が集中力を研ぎ澄ました。カウント1-1からの3球目を捉え、右翼席へ豪快に放り込んだ。ファンも総立ち。あとは勝利のハイタッチを待つだけだったが…。

 1点リードの九回に悲劇が待っていた。守護神・今村が打たれ、まさかの逆転負け。球団史上最速の優勝マジック点灯はお預けとなった。「もう少し早く打っとけば良かった」と松山。悔しさをにじませたが、左投手からの価値ある一発だ。

 今季は投手の右左を問わず打率3割超をマーク。これまでのイメージを変えつつある。「ずっと試合に出るためには左も打たないといけない。これからもいいものを出して、頑張っていきたい」。正真正銘の左翼のレギュラーまでもう一歩。前日1日の試合では左翼フェンスにぶつかり、左目の下を切るアクシデントに見舞われたが、この日は「大丈夫です」とキッパリ。元気いっぱいグラウンドを駆け回った。左翼の定位置はもう離さない。

 特別な一戦だった。この試合は「ピースナイター2017」として行われ、選手は袖にピースワッペンをつけてプレー。開催10年目。8月6日を前に、ナイン、ファンが平和への思いを共有した。

 勝利で飾ることはできなかったが、王者の強さは示した。緒方監督は好プレー連発の守備陣を称え、先発・大瀬良にも一定の評価を与えた。今村のセーブ失敗も「1回失敗しただけだから」と責めることなくうなずいた。ショックを引きずる負けではない。鯉将は「また明日全力を尽くして戦いたい」と力を込めた。優勝マジックは最短で4日にも点灯する。歓喜のフィナーレまで、全力プレーで突き進む。

広島、ピースナイターでまさか逆転負け…優勝M点灯お預けも松山全快弾 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

緒方監督の談話。

<広島3-4阪神>◇2日◇マツダスタジアム

 広島が9回に逆転を許した。チームトップの44試合に登板し、守護神としてチームを支えてきた今村が打たれた。

 試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

 -(問わず語りで)

 緒方監督 今日は初回の(福留の大飛球をフェンスに激突しながら捕球した鈴木)誠也のプレーから、内野も(田中)広輔が逆シングルを含めて難しいゴロをたくさんさばいてくれた。集中した、いいプレーが数多く出ていたね。

 -大瀬良について

 緒方監督 大瀬良もあまり、いいとは思わなかったけどね。初回からスピードは出ていたにしても。実際5回に四球からピンチを招いたけどね、ただしっかり粘って、6回を投げてくれたからね。ゲームはつくったので。またフォーム的なところを修正して。本人も思っていることはあるだろうから。大地には頑張ってほしい。

 -今村はここまで支えてきた

 緒方監督 1回失敗しただけやから。またしっかり切り替えて。明日のゲームに臨みたいと思う。1試合、1試合を全力で戦っていくだけです。

緒方監督、今村抑え失敗も「切り替えて」一問一答 - 野球 : 日刊スポーツ

 

抑え問題。

川端は前から思ってたんですが、中崎が8回にいい投球を続けていて、今村の抑えの失敗が続いたり、安定感が無くなってきた時にどうするのか?

非常に難しい問題ですよね。中日黄金期の浅尾然り、阪神黄金期のウィリアムス然りなのですが、やっぱり強いチームには絶対的抑えと、それに勝るとも劣らない8回を投げるセットアッパーが必要なのです。

昨年、カープが日本シリーズで敗れた理由の1つはジャクソンの不調でした。

 

例え、中崎を抑えに戻したとして、8回を投げるのが調子が悪くなり抑えから降格させられた今村では、ちょっと不安ですよね?

 

まだ時間はあるので、しっかりと調子、状態、メンタルなどを見極め、ポストシーズンに向けて戦力を調整して欲しいと思います。

(あっ、もう優勝する気満々ですので(^^))

 

 

さぁ、今日は勝って3連戦勝ち越しを決めましょう!

頑張れ、カープ!!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】