【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

【カープ2017】これがノムスケの真骨頂!天才龍馬の一発!!

おはようございます!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

いやー、素晴らしい勝利でした!

 

f:id:masashi1117:20170830080427j:image

 

広島の龍馬 マイコ撃ち逆転V弾!M18 同学年誠也の分まで

 ◇セ・リーグ 広島2―1巨人(2017年8月29日 東京D)

 まさに会心の一撃。龍馬の放った低いライナーが、右中間席に突き刺さった。1点を追う5回1死一塁。広島・西川が、マイコラスの146キロツーシームを打ち砕いた。逆転の4号2ラン。「最近打ってへんかったんで。ストライクゾーンに来たら積極的にいこうと思っていた」。その笑顔もまた会心だった。

 打線は助っ人右腕の前に4回まで1安打で6三振と沈黙。5回の攻撃前、ベンチ前で組んだ円陣で石井打撃コーチから「速い球に合わせていこう」と指示が出た。西川は「狙った通りにいけた」と即座に対応。その勝負強さを見せつけた。12日の巨人戦でもエース・菅野からソロ本塁打。1―0勝利の立役者となった。今季の巨人戦成績は、対戦するセ5球団で最高の打率・355。勝利打点は今季7度目だが、うち4度が巨人戦というキラーぶりだ。「自信になるとかはないです」とはにかむが、その4試合は全て1点差。いかに西川の活躍が貴重だったかが分かる。

 同学年の親友の分まで――。西川は入団2年目だが、23日のDeNA戦で右足首を骨折した鈴木とは同じ94年生まれ。普段から仲が良く、28日には野間とともに広島市内の病院を訪れて見舞った。「お互い、頑張ろう!」。そう誓い合った。鈴木はこの日、手術を受けた。今季絶望で悔しい思いを抱えている誠也の思いもバットに乗せた、友情の逆転2ランだった。

 これで敵地・東京ドームでの巨人戦は今季7戦全勝。優勝マジックは1つ減って「18」となった。両リーグ最多の33度目の逆転勝ち。龍馬のような男が控えているからこそ、快進撃が可能になる。

 ▼広島野村(6回7安打1失点で9勝目)投球自体は良くなかったけど、何よりチームが勝ったのが一番。

 《G戦最多勝利王手》広島は巨人に逆転勝ち。これで今季巨人戦は16勝5敗と圧倒。広島の巨人戦シーズン最多勝利は60、64年の17勝となっており、球団記録に王手をかけた。また、東京ドームでは無傷の7連勝。広島が同球場で7勝以上は92、95年の9勝を最多に8度目だが、無傷7連勝は初めて。30、31日と勝てば東京ドームでのチームシーズン最多勝利に並ぶ。

広島の龍馬 マイコ撃ち逆転V弾!M18 同学年誠也の分まで (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

 

緒方監督の談話。


 -先発野村が粘りの投球

 緒方監督 祐輔はピンチの連続だったけど、粘りのある投球で本塁打1点に抑えてくれた。しっかりゲームを作ってくれた。今日の試合としては、こういう接戦、1点差ゲームを勝ち切れたことが非常に大きい。中継ぎの3人が、(本塁打が出やすい)東京ドームで、失投が許されない中でしっかり投げ切れたことはチームとしても大きい。

 -西川が決勝弾

 緒方監督 打撃技術は高いからね。その中で1打席目、チャンスの中で自分のスイングをさせてもらえなかった。1打席目から切り替えが2打席目の結果につながったんじゃないかなと思う。

 -12日巨人戦では菅野から決勝弾を記録した。勝負強さが目立つ

 緒方監督 今日は西川が大きな本塁打を打ってくれて、チームに勝利を呼び込んでくれた。打線としては数多くチャンスメークをマイコラスからできた。あと1本のところは相手の力もある。しっかりしたこういう戦いができたこと、勝ち切れたことが非常に大きい。

 -6連戦の初戦を取れた

 緒方監督 勝とうが負けようが、とにかくこういう野球を最後までしていく。全員がそういう気持ちでやって欲しい。

緒方監督「打撃技術高い」V弾の西川をたたえる (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

広島鈴木誠也が今季復帰絶望 右足手術で全治3カ月

 広島は29日、右足首の剥離骨折で離脱していた鈴木誠也外野手(23)が、広島市内の病院で手術を行ったと発表した。

 CS、日本シリーズを含めた今季中の復帰は絶望となった。鈴木は「右足脛骨(けいこつ)内果骨折、三角靱帯(じんたい)損傷」と診断され、「骨接合術、靱帯(じんたい)修復術」を受けたという。今後は2週間程度入院。全治は3カ月程度と診断された。

 鈴木は23日のDeNA戦(横浜)の右翼守備で、フェンス際の打球を好捕した後に右足首を負傷。剥離骨折と診断され、戦線を離脱していた。

広島鈴木誠也が今季復帰絶望 右足手術で全治3カ月 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

昨日はノムスケに尽きますね。

2回ワンアウト1.2塁

3回ノーアウト2.3塁

4回ワンアウト1.3塁

5回ツーアウト1.3塁

6回ツーアウト1.2塁

を0点に抑え、6回105球、被安打3、2奪三振、4四死球1失点。10残塁!点が取れそうで取れない巨人を抑え続けたことで、カープに流れが来ましたね。

しっかり選んだ岩本、一振りで決めた龍馬も完璧でした!気持ちいい!

今年は誠也抜きで戦うことが確実になってしまいましたが、誠也と赤松を優勝パレードに呼んであげられるように、優勝目指して頑張りましょう!

 

M18!今日も勝つぞ!

頑張れ、カープ!!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】