【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

【カープ2017】中村くん、ようこそ広島東洋カープへ♪

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

ようこそ、カープへ(^^)

 

 

f:id:masashi1117:20171027082821j:image

 

 

広島1位中村 プロでも“清原級”目指す 1年目で新人王「獲りたい」

 

 ◇プロ野球ドラフト会議=広島1位・中村奨成捕手(広陵)(2017年10月26日)

 相思相愛が実った。史上初めて高卒捕手によるドラフト1位での競合。広陵・中村は意中の広島に引き当てられた。

 「地元のチームに選んでいただいて光栄。幸せな気持ちでいっぱい。早くから1位指名を公言していただいていたので、引いてくれるだろうなと思った」

 広島県廿日市市出身で鯉党。中日と指名が重複し、緊張感は増した。1年前に田中(創価大→ソフトバンク)、佐々木(桜美林大→ロッテ)と抽選を外した緒方監督が、当たりクジを引いた瞬間も表情は崩さなかった。

 「うれしかったけど、ニヤけたら満足していると思われるので…」。テレビのインタビューで緒方監督が「本人は“厳しく鍛えてくれる球団”と言っているようですが、まさにチームにぴったり。早く会いたい」と答えているのを見て、やっと笑顔になった。

 中村は大きな目標を掲げた。過去に張本勲(東映)、清原和博(西武)ら6人しか達成していない高卒新人野手による新人王の獲得だ。「1年目に獲りたい。プロでも何としてでも捕手をやりたい。守備に自信を持っている。打撃はまだまだなのでプロの投手に対応できるようにやっていきたい」

 今夏の甲子園で、清原の記録を破る大会記録の6本塁打を放った打撃だけではない。苑田聡彦スカウト統括部長から「20~30年に一人というような凄い肩。肩だけでもプロで飯を食っていける」と評される強肩も大きな武器だ。50メートル6秒0の俊足も持ち、打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」も「獲ってみたい」と将来的な目標に掲げた。三拍子そろった大型捕手として赤ヘル黄金期を担う決意だ。 (柳澤 元紀)

 ▼中村の母啓子さん(45) 小学1年生から野球を始め、キャッチボールもままならなかったあの日から、まさかこんな日を迎えられるとは思ってもいませんでした。幾度となく壁にぶつかり、自信をなくし、野球をやめようとしたこともありました。頑張ってよかったね、続けてきてよかったねと伝えてあげたいです。

 ≪高校生捕手がドラフト1位指名で競合するのは今回が初≫高校生捕手がドラフト1位指名で競合するのは今回が初めて。外れ1位での競合は66年2次荒武康博(報徳学園)の西鉄☆と東映。95年原俊介(東海大相模)の巨人☆と中日。今年の村上宗隆(九州学院)ヤクルト☆、巨人、楽天の3度ある(☆に交渉権)。

広島1位中村 プロでも“清原級”目指す 1年目で新人王「獲りたい」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

 

 

【広島】1位は相思相愛の広陵・中村「地元チームで幸せな気持ち。ニヤけたかったけど…」

 

◆2017年プロ野球ドラフト会議(26日)

 広島が交渉権を獲得した瞬間、広陵・中村奨成捕手(18)の真一文字に結んでいた口元が、ほんの少しだけ緩んだ。「地元のチームに選んでいただいて、幸せな気持ちです。ニヤけたかったけれど、満足していると思われてもいけないので」

 中日と2球団が1位で競合。だが、中村には予感があった。「早くから1位を公言していただいていたので、内心、カープが獲ってくれるだろうなという思いがありました」。12球団OKと表明していたが、やはり“第1希望”は地元・広島。小学生の頃には栗原(楽天2軍打撃コーチ)のユニホームを着て、広島市民球場に通った。「ほっとした気持ちもあるんですけど、さらにやってやろうという気持ちです。一番厳しく指導してくださるチームに選んでいただいたと思う」。相思相愛が実った。

 最も自信があるのは捕手としての守備と強肩。今夏の甲子園では大会新記録となる6本塁打を放ったが「打撃でもプロに対応できるように、スイングを見つめ直してやっていきたい」と表情を引き締めた。対戦したい投手は巨人・菅野。高校の先輩の巨人・小林は憧れだった。「ずっと小林誠司さんを目標にやってきたので、次は誠司さんを超えられる選手になっていきたいです」と宣言した。

 女手一つで育ててくれた母・啓子さん(45)も喜んだ。「小学1年生から野球を始め、キャッチボールもままならなかったあの日から、まさかこんな日を迎えられるとは思ってもいませんでした。自信をなくし、野球をやめようとしたこともありましたが、続けてきて良かったね、と伝えてあげたい」と語った。「新人王を取りたい。(将来的には)トリプルスリーを狙います」と中村。母も暮らす地元で、プロとしてのスタートを切る。(金川 誉)



広島・松田オーナー
(赤茶色の勝負パンツで願掛け)「(ドラフト会議前に)中日の社長に『(競合は)勘弁してくれ』と言ったんだが(抽選で当たって)ホッとした」

【広島】1位は相思相愛の広陵・中村「地元チームで幸せな気持ち。ニヤけたかったけど…」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

 

 

【コラム】明日への一球

いやー、久々に興奮しました!CSのショックを払拭してくれる嬉しいニュースとなりました(^^)

もう甲子園の時から欲しい欲しいと思っていた地元の有望株が、カープに入団してくれるのですから、もう幸せですね!

またドラフトの振り返り記事は後日書こうと思います。

 

他の選手たちも是非カープで一緒に頑張りましょう!

あー、本当に良かった(^^)

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

 川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】