【ばたブログ】

広島市安佐南区東原にあるCLIQUE voice hair ディレクター 川端 真史のブログです。

増客について 〜CLIQUE 2017 スローガン『スピード&増客』より〜

お疲れ様です!川端です!





本日、広島に戻ってまいりました。


{93E6F934-A1E9-4E77-93F6-1C219B30B988}

はやぶさとのぞみを乗り継ぎ7時間。

新幹線に慣れてるとはいえ、
やはり長いです。
せめて4時間くらいで行けるといいのになぁ。
ドラえもんがいるならどこでもドア欲しいです。

そんな中でも
いい子にして過ごしている息子は
落ち着きのない幼少期を過ごしていた僕とは違い
エライなぁと思います。

いろんな事を経験して
視野の広い大人へと成長していって欲しいものです。





はい。

今日は増客について。


増客については
あまり細かい事は書きませんが、
(細かい事を語り合いたい美容師さんは連絡ください!いくらでも語ります!笑)

やはり、リピーターのお客様を大切にするという精神は忘れてはいけないと思います。
長く通ってくださっているお客様があって
初めてサロンは繁栄していくものなので
そこを忘れないようにやっていきたいと思います。



でも最近思うのは
手順が違うのでは?
って事。

どこかの美容師さんが
『技術はないが、発信が上手な美容師さんは売れている!』
的なブログを書かれていて、
どなただったのか思い出せずリンクも貼れずすみません

それは流石に極端だな!とは思いましたが
言わんとする事は分かる気がします。


年間1人か2人しかオーダーがないパーマスタイルの巻き方を何回も練習したり、
ひたすらウィッグ(マネキン)をカットしたりしている。

もちろん、そのパーマスタイルの練習は必要無いとは言いませんが
優先順位としてはかなり後ろの方になると思います。

「いつ来るか分からないお客様のためのレッスンを一生懸命する。→お客様が来るのを待っている」
では無く、
『まずはどうやってお客様にご来店頂けるかを考える。→そのお客様が求めるスタイルを提案するために一生懸命練習する。』
のが近道だと思います。

きっと昔はどんな道順でも
ある程度頑張ればゴール(たくさんのお客様に支持される美容師)に辿りつけていたのが、
これからはその道のりが分からなければいつになってもゴールに辿り着けないという事になってくると思います。


大切なのでもう一度言います。

お客様目線で物事を考えられるようにならないと、いつになっても売れませんよ。

その頑張りを無駄にはして欲しくないので
頑張り方についてもしっかりと伝えていきたいと思います。




では(^^)



【川端 真史】
CLIQUE voice hair 東原店 ディレクター。
美容学校卒業後、都内1店舗を経て渡英。
ロンドンのヴィダルサスーンスクールにてディプロマを取得。
帰国後、東京・南青山のサロンにて雑誌の撮影、セミナー、ヘアショーなどの仕事を歴任。
2014年よりCLIQUEに参加。
活躍の場を広島に移す。