【ばたブログ】

広島市安佐南区長束【Casita hair】店長 川端 真史のブログ

【カープ2018】こんな感じで坂倉を1年間1軍で使ってほしいです!

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

素晴らしい記事を発見しました!笑

 

里崎氏、期待の捕手に坂倉の名前を挙げる

 

f:id:masashi1117:20180219094826j:image

 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める里崎智也氏が18日、自身が番組パーソナリティを務める『里崎智也のスポーツ直球勝負!』で、「一軍で芽を出していない若手選手の中で、一番期待しているのは坂倉君ですね」と、セ・リーグの注目捕手に広島の2年目・坂倉将吾の名前を挙げた。

 

 また、同番組ではリスナーから『里崎さんがテレビで中村奨成捕手について20点と評価しているのを拝見し、逆に愛情を感じました。そこで、千葉県出身で里崎さんを応援していた坂倉君の里崎評が聞きたいです』という質問が届いた。

 

 この質問に里崎氏は「中村奨成君は今年新人ですけど、坂倉君は1年間プロでやってきたアドバンテージは大きいですよね。キャッチャーのスキル、バッティングも昨年二軍でしっかり結果を出しています」と評価し、「今は石原、会沢がいますけど、次に割って入ってくるのは坂倉あたりがバシッとくるんじゃないかなと思います」と期待を寄せる。

 

「石原と会沢もずっと一軍でプレーできるわけではないので、この坂倉と中村奨成が上手い事頑張ると、捕手陣の層を厚くなります。そうすると15年くらいは広島のキャッチャーは安泰とインタビューで話しましたね」と続けた。

 

坂倉の次へのステップは?

 昨季二軍で結果を残した坂倉の次のステップとして里崎氏は、「一軍でどれだけ一軍のピッチャーと対峙、バッティングをしながらどれだけ結果を残せるかが、次へのステップ・課題です」と話す。

 

 すると同番組のアシスタントを務める飯田浩司アナウンサーが「そのあたりは場数が関係してくるのでしょうか?」と質問すると、里崎氏は「経験値が大きいですよね。自分でやってみて何を気付くかの感性が大事。上手くいったこと、上手くいかなかったことを日々反省し、アップデートしたものが駆け引きの経験値になる。リードに正解はないです。ただ場数を踏まないと、上の立場でリードできないですよね。そのためには絶対に場数が必要だと思います」と話していた。

里崎氏が期待を寄せるセ・リーグの捕手とは… (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース

 

里崎さん、ありがとう!!笑

 

坂倉推しの川端としては嬉しい記事ですね(^^)

やはり、場数が大事ですよね。そう考えると、(磯村には悪いですが)今年の第2捕手は坂倉でいってほしい!

【カープ2018】2018年の第2捕手に坂倉という選択肢はどうでしょうか? - 【ばたブログ】

 

2018年版、坂倉の使い方(案)

同時に、昨日好投した高橋昂也を第6先発に回し、坂倉と組ませる。

 

そうすると、

【表ローテ】 ジョンソン(石原)、薮田(會澤)、岡田(會澤)

【裏ローテ】 ノムスケ(會澤)、大瀬良(會澤)、高橋昂也(坂倉

となり、左右のバランスも戦力的にも良いのでは?と思います。7番手以降に、中村祐、福井、九里が控えるので、調子が悪くなれば入れ替えも可能です。

 

そして、ジョンソン以外の先発の時は、積極的に代打として打席に立たせて場数を増やす。

 

もし2018年のスタメンが、

  1. 田中
  2. 菊池
  3. 誠也
  4. 松山
  5. バティスタ(新井、ブラッド)
  6. 安部(西川)
  7. 會澤(石原)
  8. 投手

となると仮定した場合。

 

代打は

【右】新井、ブラッド、メヒア、堂林、高橋大、バティスタ

と、かなりの候補がいるのに対して左は

【左】西川、岩本、野間、坂倉

くらいしかいません。

しかも西川がスタメンで安部が控えの場合、さらには岩ちゃんが1軍の枠から漏れる可能性もあり、坂倉の左の代打としてのチャンスは大いにあるかと思います。

 

結論。なんとか1年を通して1軍で!

 

大目標である正捕手に向けて、まず2018年は1年間1軍でいることを目標に頑張ってほしいと思います。

 

坂倉は必ずカープを代表する、いや、日本を代表する捕手になります!

期待していますよ(^^)

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】