【ばたブログ】

広島市安佐南区長束【Casita hair】店長 川端 真史のブログ

【カープ2018】(5)高橋昂也ほろ苦デビュー。連勝は4でストップ。

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

連勝ストップですね。

 

昂也チャンスまたある プロ初登板、燕バレにプロの洗礼弾…4回5失点

f:id:masashi1117:20180406021418j:image

 「ヤクルト8-5広島」(4日、神宮球場)

 プロの厳しさを味わった。高卒2年目の広島・高橋昂也投手(19)がプロ初登板初先発し、4回8安打5失点。ホロ苦デビューとなった左腕は「緊張というよりも、自分の力を出し切れなかったのが反省」と悔しさをかみしめた。
 三回までは毎回走者を背負う中、落ち着いて無失点。だが四回、1死三塁で中村の左中間適時二塁打で先制点を献上。さらに1点を失い、なおも2死一、二塁でバレンティンに直球を捉えられ左中間へ3ランを運ばれた。「石原さんが要求したところ(外角)よりも、中に入ってしまった」。一線級はわずかな隙も見逃してくれないことを痛感した一発だった。

 開幕ローテを勝ち取り、新たな一歩を踏み出した。地元・埼玉から観戦に訪れた両親の前でプロ初白星を飾ることはできなかった。だが、最速145キロを計測した持ち味の直球など、先へとつながるものは示した。スタンドから見守った花咲徳栄時代の恩師・岩井隆監督も「勉強ですね」と優しいまなざしを送った。
 緒方監督は1週間後の先発について明言は避けた。それでも「たくさんいいものが見えたし、点を取られて悔しい思いもしたと思うけど、チャンスはまたある」と評した。「この経験を今後に生かしていきたいです」と高橋昂。この日の75球を無駄にせず、次こそは初白星をつかみ取る。

昂也チャンスまたある プロ初登板、燕バレにプロの洗礼弾…4回5失点/カープ/野球/デイリースポーツ online

 

 

磯村、エルド、松山!鯉3発 開幕連勝ストップも昂也の負け消した

f:id:masashi1117:20180406021608j:image

 広島が今季初黒星を喫した。開幕からの連勝は「4」でストップしたが、打線は5点を追う六回に先頭・磯村嘉孝捕手(25)が今季1号ソロ。ブラッド・エルドレッド内野手(37)が3ラン、松山竜平外野手(32)もソロで続き、昨年7月7日・ヤクルト戦(神宮)以来となる1イニング3本塁打を記録。プロ初先発した高橋昂の黒星を消し去る意地を見せた。
 今季初黒星もタダでは転ばない。五回までヤクルトの先発・ハフに無安打無得点に抑えられていた打線が、5点ビハインドの六回に目覚めた。火をつけたのは途中出場の磯村だ。先頭で打席に立つと、それまで苦戦していた初球カットボールを鯉党が陣取る左翼席へ。今季1号は貴重なチーム初安打となった。

「とにかく初球から積極的に振っていこうと思い、打席に入りました。自分のスイングでしっかり振り抜くことができました」
 伏兵の一撃で、球場に漂い始めていた嫌なムードを一変させた。さらに1死一、二塁と攻め、エルドレッドが打球を右翼ポールにぶち当てる3ラン。「少しボール気味の球だったけど、強引になりすぎずうまく上から叩くことができました」。お祭り騒ぎの雰囲気に、続く松山も乗った。今季1号を右中間席へ運び、今年初の1イニング3発。「甘い球だけに絞って打席に入りました。結果は100点」。納得の同点弾で助っ人左腕をKOした。
 1イニング3発は、「七夕の奇跡」と呼ばれる昨年7月7日のヤクルト戦(神宮)以来。あの夜は5点を追う九回にバティスタ、菊池の本塁打でジワジワと攻め、2死一、三塁から代打・新井がバックスクリーンへ逆転3ランをたたき込んだ。この日は同点止まりだったが、指揮官は手放しで称えた。「五回までノーヒットに抑えられていたけど、いい攻撃で同点に追いついてくれた。集中力を持ってやってくれている」。高橋昂の黒星を消し去り、打線は相変わらずの破壊力を示した。
 だが、リリーフ陣がピリッとしない。2番手・九里が2イニング目の六回に勝ち越し点を献上。連投となった中田も2失点。開幕戦からの5試合連続逆転勝ちは幻と消え、連勝も「4」で止まった。
 「1試合1試合、しっかり戦っていく。勝つときもあれば、負けるときもある」
 試合後、緒方監督はいつものフレーズを口にした。今季初黒星を喫しても、信念は揺るがない。気持ちを切り替えて、2カード連続の勝ち越しを狙う。

磯村、エルド、松山!鯉3発 開幕連勝ストップも昂也の負け消した/カープ/野球/デイリースポーツ online

 

 

コラム『明日への一球』

もう今日は完全なる力負けですね。

なんせ、6回以外無安打ですからね。それでも集中打で追いついたところはさすがです。

ヤクルトは石山が良かった。良いピッチャーは簡単には打てませんから。

 

高橋昂也は良い経験になったと思います。

この後登録を抹消されたところを見ると、最初から1試合限定のイメージだったのかもしれません。そうすると来週の水曜日まで中継ぎを1枚多く残しておけますしね。岡田より高橋が先に先発だったのもうなずけます。代役は中村裕太でしょう。

 

さぁ切り替えてカード勝ち越しを目指しましょう(^^)

 

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】