【ばたブログ】

広島市安佐南区長束【Casita hair】店長 川端 真史のブログ

【カープ2018】(7)ここからまた連勝だ!DeNAに快勝!

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

快勝でした!

 

猛打のカープじゃ セ・タイ記録!開幕7戦連続5点以上 緒方監督「大したもの」

f:id:masashi1117:20180407080955j:image

「広島7-3DeNA」(6日、マツダスタジアム)

 広島が昨季唯一負け越したDeNAに快勝した。9安打7得点と効率いい攻撃を展開。開幕から7試合連続で5得点以上を奪い、2008年・ヤクルトのセ・リーグ最長記録に並んだ。プロ野球最長記録は1985年・南海の8試合。開幕ダッシュを支える打線が、日本記録を塗り替えていく。
 雨上がりのマツダスタジアムに大歓声がこだました。4-2の六回1死一、三塁。野村のセーフティースクイズで1点を追加すると、スコアボードに歴史的な5得点目が刻まれた。開幕から7試合連続の1試合5得点以上。2008年・ヤクルトのセ・リーグ最長記録に並んだ。

 試合後の緒方監督は満足顔。「タナキクマル」の連夜の活躍を称えた。「1、2、3番がチャンスメーク、ゲットして塁上をにぎわせてくれている。攻撃は中盤以降、1点、1点取って、集中力を切らさず、最後までやってくれている。大したもの」だと称賛した。
 初回から攻めの姿勢を貫いた。2死三塁から、ロペスの適時遊撃内野安打の判定を巡って、初めて「リクエスト」を要求。セーフの判定は覆らず、先制点献上となったが、初回からカードを切った指揮官の執念は、ナインへ届いていた。
 直後の攻撃。1番・田中、2番・菊池が連打、3番・丸が四球を選び無死満塁とすると、エルドレッドも冷静にボールを見極めて、押し出し四球で同点。1死後、今季初スタメンの堂林には運が舞い降りた。三塁線への打球を宮崎が捕球できず、2者が生還して勝ち越した。
 五回には菊池が四球で出塁し、二盗を決めると、丸が右前へ痛烈な適時打を放った。「食らいついていけましたね。フルカウントからしっかり粘りながら、最後のストレートにうまく反応することができました」。昨季のリーグMVPはこの夜も2安打2四球。打率・450と絶好調だ。
 打線は六、七回にも追加点を奪い、9安打7得点と効率いい攻撃を展開した。本拠地・マツダスタジアムでは開幕から4連勝。リーグ連覇の原動力となった「つなぎ」の打線は今年も健在。緒方監督は「全員がその気持ちを持って、1打席を無駄にしないようにやってくれている」とうなずく。開幕から1試合5得点以上のプロ野球記録は1985年に南海が記録した8試合。33年ぶりに日本記録に到達し、そのまま塗り替える勢いだ。

猛打のカープじゃ セ・タイ記録!開幕7戦連続5点以上 緒方監督「大したもの」/カープ/野球/デイリースポーツ online

 

 

緒方監督「今日はバッテリー」野村&会沢たたえる

広島が1回に相手のミスに乗じて逆転すると、中盤以降も小刻みに得点を重ねてDeNAを突き放した。先発野村祐輔投手(28)は2回以降立ち直り、8回まで102球の省エネ投球で3失点にまとめた。

 緒方孝市監督(49)は「今日はバッテリー。祐輔とアツ(会沢)がしっかり8回まで投げてくれた。それを助けたのがセンターラインのしっかりした守り。投手がリズムに乗って行けた」と9安打7得点した打線をけん引するタナキクマルトリオの守備での貢献もたたえた。

緒方監督「今日はバッテリー」野村&会沢たたえる - プロ野球 : 日刊スポーツ

 

コラム『明日への一球』

ノムスケが活躍しましたね!

8回を投げきり、セーフティスクイズも決めました!素晴らしい!

なんせ、今年の開幕投手ですからね。1年間を通しての活躍を期待します。

 

昨日はさらに堂林も打ちました!

堂林が打つと嬉しいですね(^^)

頑張れ!堂林!

 

さぁ今日も勝ちましょう♪

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】