【ばたブログ】

広島市安佐南区長束【Casita hair】店長 川端 真史のブログ

【カープ2018】(46)鯉3戦22失点 中村祐5回5失点…投壊止められず

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

鯉3戦22失点 中村祐5回5失点…投壊止められず

f:id:masashi1117:20180618213551j:image

「交流戦、広島3-7西武」(29日、三次きんさいスタジアム)

 三次の夜空に広島・中村祐太投手(22)は視線を送った。四回、金子侑に痛恨の走者一掃3点三塁打を浴びた。2点のリードをはき出し、試合をひっくり返された。「あそこが全て。勝負どころの1球が高くなった。実力不足」と唇を強く結んだ。
 先頭の山川に右前打を許すと、栗山には四球を与えた。外崎を打ち取ったものの、森には中前打を打たれた。中堅・野間、左翼・松山、遊撃・田中のちょうど間に上がった飛球を、背走した田中がグラブに当てながら捕球できなかった。

「(カウントを)3-2にしたくない気持ちがあって甘く入ってしまった」。金子侑にはカウント2-2からの直球を低めに投げきれず右翼線へ運ばれた。五回にも山川に左越え14号ソロを浴び、5回6安打5失点で降板を告げられた。
 1日の巨人戦で3勝目を手にして以降3試合連続KOで3敗目。それでも畝投手コーチは「球に力があった」と評価。緒方監督は次回登板について「もちろん」と話し、先発マウンドを託す構えを示唆した。
 投手陣は不安定な投球が続く。26日の中日戦で7失点すると翌27日は8点を奪われた。この日は中村恭も打ち込まれ計7失点。3試合連続で7点以上を奪われている。交流戦は始まったばかり。負の流れを早く断ち切りたい。

鯉3戦22失点 中村祐5回5失点…投壊止められず/カープ/野球/デイリースポーツ online

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

Have a nice day!

 

川端真史って誰だ?

川端 真史のプロフィール。 - 【ばたブログ】