『ばたブログ』

【GO TODAY SHAiRE SALON 広島店】代表・川端真史のブログ

僕が思い描く『シェアサロン×〇〇サロン』とその未来について。

f:id:masashi1117:20200424003054j:image

 

 

お疲れ様です!

 

『GO TODAY SHAiRE SALON広島店』代表の川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございます😊

 

昨日の続きです。

副業のススメ その① - GO TODAY広島『ばたブログ』

 

ケース② シェアサロン×教育サロン

僕が個人的に思うのですが、これが今一番求められているし、うまくマッチング出来れば、雇う側も雇われる側もWIN-WINな働き方だと思うんです!

 

解説します!

 

雇われる側(美容師)の意見

美容師の不満って

  • 休みが少ない
  • 給料が少ない
  • 拘束時間が長い

とかでしょうか?

 

とにかく休みはもっと欲しいけど、給料少なくなるのは嫌だし、むしろもっと欲しいし、出来ればその上で早く帰らせて欲しい!みたいなww

 

雇う側(オーナー)の意見

売上から考えたら、休みも給料も拘束時間も妥当、というよりむしろこれ以上どうすれば良いの?というところまでスタッフさんのことを考えているオーナーさんがたくさんいらっしゃると思うんです。

 

店舗の家賃、人件費、社会保険料、税金、借入、リース代、材料費、宣伝広告費、、、、

たくさんお金を払って、リスクも背負って、それでも社員のため、地域の方のために頑張られているオーナーさんもたくさんいらっしゃると思うんです。

 

で、どうする?

社員として働く時間を減らして、固定費を下げ、空いた時間をシェアサロンで働けば良いと思うんです。

例えば土日限定社員とか、週3勤務社員とか。

 

正社員のメリットって社会保険と福利厚生なんだと思うのですが、美容室で福利厚生を整えていくって限界ありませんか?

週休2日、社保完備、早番遅番、営業時間内レッスン、海外に社員旅行、、、、

これ以上出来ないくらいやってるサロンさんもあると思うのですが、それって全ての社員が望んでいることなんでしょうか?

もちろん望んでいる社員もいるでしょうが、中には『そこまでしなくても良いので自由な時間が欲しい』と思っている社員もいると思います。

他にも『お金はそこそこでいいから、もっと休ませてくれよ!』とか、『拘束時間は長くなってもいいから、たくさん稼がせてくれよ!』とか、きっと社員によって希望は様々なんです。

 

昔は美容師になりたい人が多かったから、うちはこういうサロンだよ!と掲げたやり方に、ついて来れない美容師は採用しなければよかったのですが、

人材が足りない今の時代は、1人の美容師を雇用するのも難しく、さらにコロナ禍も重なって、来るもの拒まず去るもの追わずでは立ち行かなくなってきていると思うんです。

 

これからの教育サロン

一つのサロンに一つの働き方(正社員)ではなく、たくさんの働き方を作って社員に選ばせてあげるのはどうでしょう?

  • スタイリストになったらフリーランス契約に切り替えて、保証や基本給を減らして歩合を上げる。
  • 週3勤務、週4勤務など出勤日数を選べて、その分基本給が上がったり下がったりする。

など、その社員に合わせて働き方がいくつかあるサロンさんの話などを聞くと、未来があるなぁと思います。

 

正直、サロンの稼働率ってどれくらいなんでしょう?平日の午後まで満席なサロンさんってどれくらいあるんでしょうか?

お客様がいない時間は美容師がサロンにいても意味ないよね!というのは、コロナの影響で時短営業をしているサロンさんが一番感じていることだと思います。

 

そこを削っていく。もちろん、社員さんとの面談やヒアリングは必要だと思いますが、中にはお金より時間を選ぶ社員さんもいるんじゃないかと思うんです。

もし稼ぎたい社員さんがいれば、フリーランス契約にして歩合率を上げればいいと思うんです。会社は保証しない代わりに報酬は出すよ!的な。

 

いやいや、一つのサロン内でそんな勝手なこと出来るわけないでしょ!って思われる場合は、

 

シェアサロンを使ってもらう!

ここで、最初の話に戻るのですが、空いた時間はシェアサロンで働いてもらえばいいと思うんです!

社員として最低限の保証はして、ある程度の売上をたててもらい、それ以上欲しい美容師さんにはシェアサロンで働いてもらう。

 

美容師って基本終身雇用じゃないのでそこまで給料上げられないと思いますし、かなり大きな会社でなければ役員の数も増やせないでしょうし、雇っている社員全員の一生の面倒を見ると言うのは正直難しいと思います。

美容業界自体がまだまだ成熟してなくて、これから人生100年時代とか言われているのに、今の50.60代でバリバリ働いている美容師さんってほとんどいなくて、成功者は経営に専念されている場合がほとんどです。

でもこれから人口が減っていくので、全員は経営者になれません。

今働いている美容師全員生涯雇用するとかはまず無理な話で、正直売上がある美容師は店長になって、役員になって、もしかしたら社長業を継いでと未来があるかもしれませんが、売上がない美容師は生涯低賃金で働くしかない。つまり、今までの雇用形態だと辞めるしかないんです。

 

そして、ここにきて業務委託サロンとシェアサロンの台頭。

  • 業務委託サロン 歩合率40〜50%
  • シェアサロン 歩合率70〜80%

売上が上がらず、給料が少ない社員は業界委託サロンに行くと思います。正直、半月働けば元いたサロンの給料分もらえます。僕が正社員から業務委託に転身した時、正直、『こっちの方がいいじゃん!』って思いました。業務委託やフリーランスでも社会保険に入ろうと思えば入れます。

売上がある社員は独立するか、シェアサロンに流れるでしょう。シェアサロンで『プチ独立』して、お金を貯めて、お客様をつけて、独立する美容師もこれから増えると思います。

独立する前にGTSS広島で『プチ独立』する事をオススメする5つの理由 - GO TODAY広島『ばたブログ』

 

そうなった時、教育サロンでも、最初から様々な働き方を用意しておくことは、これから社員に長く働いてもらうために必要不可欠だと考えますし、

もし、教育サロンの顧客の流出や、双方が納得出来る着地点が見つかるのであれば、『シェアサロン×教育サロン』の兼業に未来があると僕は思っています。

 

もちろん、現状のサロン運営で、退職者も出ない、独立する社員もいない、みんなが満足して働ける環境を作れているサロンさんはそのままで十分だと思います。

でも、もし、そうじゃないサロンさんがあるのであれば、いい形で共育(共に育つ)していければいいなぁと思っています。

 

※事実、現在オーナーさんからのFC問い合わせや、個人サロンを閉めてGO TODAYに移籍したいという問い合わせ、さらに雇われている美容師さんが副業する場としてGO TODAY を利用したい!という問い合わせが増えています。もし興味があれば、

GO TODAY シェアサロン/面貸しサロン/レンタルサロン - フリーランス美容師の独立・求人

↑こちらからLINEかメールでお問い合わせください!

 

 

では✋

 

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました😊
Have a nice day!

川端真史って誰だ?
川端 真史のプロフィール。 - GO TODAY広島『ばたブログ』


GTSS広島では、現在共に働く仲間(クルー)を大募集中です!

GO TODAY シェアサロン/面貸しサロン/レンタルサロン - フリーランス美容師の独立・求人

↑こちらからLINEかメールでのお問い合わせを承っております。もちろんサロンの見学だけでも大丈夫です!
ご連絡お待ちしております。