『ばたブログ』

【GO TODAY SHAiRE SALON 広島店】川端真史のブログ

フリーランス美容師とは?〜面貸しサロン編〜

お疲れ様です!

『カープ大好きメガネ美容師』こと、川端真史です。

 

いつも【ばたブログ】をお読みいただきありがとうございます😊

 

今日はずっと電気シェーバーと家庭用シュレッダーをAmazonで検索してました。

ついついチェックしまくっちゃうんですよね。

サクッと買えない。

洋服とかもそうですね。何店舗も回って回って納得してから買う。

ネットショッピング好きですね!

 

はい。

 

昨日の続きいきます。

フリーランス美容師とは?〜業務委託サロン編〜 - 『ばたブログ』

 

f:id:masashi1117:20210104235438j:image

 

面貸しサロンとは?

サロンの一角を、そこの従業員さんではない方に貸している形のサロンの事をいいます。

たぶん、いくつかのパターンがあって、

  • 5席あるサロンで従業員が3人しかいないので、2席を面貸しサロンとして従業員以外に貸している
  • そもそも5席全てを面貸しサロンとして、誰かに貸している
  • モール型と呼ばれる、一つ一つが個室になっていて、その個室の中にセット面とシャンプー台がセットになっているサロン

などがあります。

 

メリットは

  • 席を占有出来ること
  • 利用料が月額固定の場合が多いので、売り上げが多い美容師さんは還元率が高くなる
  • お客様がいる時間のみ出勤すればよい

など。

 

デメリットは

  • 営業時間がそのサロンの営業時間に限られる場合がある(そのサロンが月曜日休みだと月曜日は使えない、など)
  • 元々そこのサロンにいる従業員さんにちょっと気を使う
  • お釣りやカード決済などを自分で準備する必要がある

などでしょうか。

 

お客様がいるなら面貸しサロンがよいのでは?

たくさんお客様を抱えている美容師は面貸しサロンがオススメです。

家賃定額ということは、売上が上がれば上がるほど家賃比率は下がるわけで、高い固定費を払う必要がありません。

サロンをサクッと変えれるのもメリットだと思います。

働いたみたけど、環境がちょっととか、場所がちょっとってなった場合、面貸しサロン自体を変えたらいいんです。

独立開業で出店する場合はそうはいきません。

出店してから、場所がいまいちだった、なんてなったら、、、。ヤバいですね。

 

そして、今後面貸しサロンは増えるんじゃないかなぁと思っています。

なぜなら、美容師さんを採用出来てないサロンさんが多いから。

特に地方都市は美容学生が減っているので、新卒採用するのが年々難しくなってきています。

そこにコロナ禍。経営的にこれ以上採用出来ない、というパターンも増えてきそうですね。

美容室の件数は、日本の人口に対してもうすでにキャパオーバーしてるので、今後人口が減っていけば美容室にいらっしゃるお客様の数も減ってきます。

美容師がいない、お客様もいない、美容室はたくさんある、席が余る、誰かに貸すか?となると思います。

 

例えば家賃20万円の物件でセット面が5席の美容室があった場合、もし家賃10万円で違う美容師さん2人に席を貸せば、その家賃収入だけで実質家賃0円になります。

そうなると貸したい美容室は増えてくる。

借りたい美容師さんは条件がいいサロンを選べるようになりますね。場所なのか、家賃なのか、お店の雰囲気なのかは人それぞれだと思いますが。

 

今後は個室型が良いのでは?

もし僕が個人でサロンを出すなら、個室型か半個室にすると思います。

全て自分のサロンで使う場合でも、コロナ禍を経た日本では個室型はお客様から喜ばれると思います。

仮に従業員が足りなかったり、最悪1人で営業する事になっても、個室型なら誰かに貸す事が出来ます。

最初から貸しやすい個室型にしておく事で、今後の戦略が立てやすくなります。

ビルを建てて、その最上階に自分が住み、下の階を人に貸して家賃収入を得るイメージですね。

 

長くなったので明日へ続きます。笑

なかなかシェアサロン編に行けませんww

 

 

 

では!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました😊

 

Have a nice day!

川端真史って誰だ?
川端 真史のプロフィール。 - 『ばたブログ』

 

川端真史の予約に関しては、
川端真史の予約方法・連絡先・メニュー表 - 『ばたブログ』
↑こちらの記事をご覧ください。